【喫茶去】きっさこ

誰にでも分け隔てなく相対する

【喫茶去】きっさこ

茶道において、茶室では客はその地位や肩書きを一切脱ぎ捨て、亭主は老若男女すべての客に平等に接します。
日々の暮らしでも相手によって態度を変えたりすることなく、いつも泰然として平常の心でありたいものですね。

禅語では、「お茶でも飲んで出直せ」の意味もあるとやら。
人が来たらお茶をすすめよう。
ご飯をいただいたら茶碗を洗おう。

当たり前のことですが、学んだ跡や修行した跡をとどめるな、自分のものとして消化しつくして、くさみをけしてしまえ、というなかなか深い言葉でもあるようてます。

*ふっと心がかるくなる禅の言葉より

○墨書アート作品購入問い合わせはこちらまで。
https://www.yamada-yosui.com/
○華墨Hanasumi書道教室
https://www.instagram.com/p/B1kUHgQA0bw/?igshid=497nw5ofi209

#禅語 #大人書道 #なごみ書
#墨書アート #楷書 #行書
#山田陽水 #華墨Hanasumi

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です